Florilége

NEWS

世界料理学会 in ARITA 視察

5月に佐賀県の有田で開催される「世界料理学会」。
料理学会でお披露目される食器の意見交換や有田の視察も兼ねて日帰りのスケジュールで行ってまいりました。

まず初めに訪問したのが有田焼の原点ともいえる、焼き物用の土つまり生地をつくっている場所です。

_MG_3546

_MG_3597

この生地を作る工程をゼロから自分の目でみることができ、イメージを膨らますことができました。

料理学会で発表するお皿の打ち合わせのため、寺内さんの工房を訪ねます。
今回タッグを組むのは有田焼の作家、寺内さん。
_MG_3737

試作で出来上がった器は見事な出来栄えでした。詳細は当日の学会で発表するので
皆さん楽しみに待っていて下さい。
_MG_3692

有田が抱えている問題など今回は、自分なりのアプローチで提案や解決策などを学会の場で発表できればと考えています。

_MG_3744

続いては、日本酒の蔵元「古伊万里酒造」さんへ。古伊万里酒造さんは名前の通り、伊万里焼で有名な伊万里にある酒蔵です。歴史と伝統を守りつつ、時代に合わせた日本酒作りをされています。

_MG_3657

日本酒の生産者が抱える問題など、貴重なお話を聞くことができ、フロリレージュが現在取り組んでいる、フードロス問題やサステナビリティなど今後に繋がる有意義な機会でした。

世界料理学会が5月2日から4日まで開催されます。学会というと少しお堅いイメージがありますが、当日はシェフが作った一品料理を楽しめる「バル」や、食器と県産食材の見本市など業界の方々以外にも一般の方でも楽しめるイベントとなっていますので、当日お会いできることを楽しみにしています。

世界料理学会 in ARITAの概要

http://wcam-arita.jp/n

copyright ©Florilège