CONCEPT

Florilègeとは、美しい華のような詩から織りなされた
一冊の詩集です。
そこには、温かな人の心から紡がれた
詩がつまっています。
生産者たちと、その食材と
真摯に向き合う料理人たちの素材へ対する敬意と情熱、
そして私を支えてくれている多くの方の温かな心が
ひとつのレストランに集まりました。

Florilège第二章は、レストランでの食体験を通じて
お客様に「幸せ」を感じて頂きたいという思いで始まりました。
ゆっくりと噛みしめて頂き、ひとりひとりの
新たなファクターとなるような、そんな何かを伝えたいと。

食材のバックグラウンドや風景、季節の移ろい、大切に育まれてきた
日本の食文化といったおおもとから食体験してもらうべく、
それぞれのお皿に込めた11の「思い」を料理人自らお客様のもとまでお届けします。
既存の枠組みを超え様々な調理技術を駆使し、
日本の美を奏でる器の上に多くの人の手から、
あるいは
壮大な自然から生まれた素材そのものの
美味しさを表現してまいります。

「美味しい」の先にある「思い」まで召し上がって、
幸せを感じて頂けますように。

川手 寛康